結び物語

御縁を結び、御縁に生きる。

ぼくたちは幸せにはなれない

f:id:tsuyoshi1990:20170915225214j:plain

 

Facebookより過去記事を転載


人間はずーっと昔から「どうしたら幸せになれるのか?」を探求してきました。


お金持ちになったら幸せになれる。結婚したら幸せになれる。病気が治ったら幸せになれる。良い大学を卒業して、良い会社に就職できたら幸せになれる。友達がたくさんできれば幸せになれる。欲かったものを手に入れることができれば幸せになれる。戦争が無くなれば幸せになれる。やりたいことが見つかったら幸せになれる。やりたいことをしながら生きていけたら幸せになれる。おっぱい見れたら幸せになれる。

などなど、、


しかし不思議なことに、これらを叶えることができたとしても、その幸せは長続きすることはありません。また新たな「〇〇になれたら幸せになれる」「〇〇が手に入れば幸せになれる」「〇〇ができたら幸せになれる」が生まれるからです。これをずっと繰り返していくのです。


だからぼくたち人間は永遠に幸せにはなることはできないんです、、、というお話ではございません!!

 

( ・᷄ㅂ・᷅ )!?

 


 


今のぼくのことをハタから見たら、もしかすると「幸せとは程遠い状態」に見えるかもしれません。


仕事をしていないので収入はありません。貯金もありません。奨学金の返済が残ってて支払いが滞ってます。住む家もありません(実家はありますが)彼女もいません。良い大学を卒業しているわけでもありません。資格も持ってません。なにか特別なスキルがあるわけでもありません。


オマケに飽き性で面倒くさがりです。時間も守れません。人の名前も覚えられないくらい記憶力も悪いです。たくさん失敗したい!という変な価値観を持ったドMです。変態です。女性が大好きです(これは正常かw)太ももとおっぱいとおしりとうなじが好きです。横目でチラチラ見てますww


自分勝手に旅をしてます。特に目的があるわけでもなく、お遍路さんやってます。


こんな人間を見たら、誰でも「キミはアホなのか(˙-˙)?」と思うことでしょう。


でもぼくは今、毎日幸せを感じながら生きることができています。不安も特にありません。そしてこの「幸せ」も「幸せになりたい」と思ったから、なれたわけではありません。


日常の当たり前の中にある、有り難みに気付き感謝すること、、


たしかにこれもとても大切なことではあるのですが、半分正解といったところでしょうか。

 

なぜぼくたちは
幸せになることができないのか?

 

それは、


ぼくたちはすでに、
幸せであるからです。

 

( ・᷄ㅂ・᷅ )!?

 

「なにを言っているんだこのオタンコナス!」と思われたもしれないので、少し説明をしますね。

 


例えば、


人間であるぼくが、
「俺は人間になりたい!!」「俺は将来、絶対に人間になるんだー!!」と言ったとします。


さて、ぼくは人間になることができるでしょうか?


なれるわけないんですよね。もうすでに人間なんだから笑


ということです✧*。(*´∀`*)✧*。

 

いやいや、そんなこと言っても私は今不幸だよー!!と、不幸である理由を一生懸命かき集めてきて、不幸の証明書を1枚1枚丁寧にぼくに見せようとしているそこのあなたのために、もう少しだけ補足をしようと思います。

 

ぼくたちはすでに幸せである、と言いましたが、ではなぜ「幸せではない」と感じてしまうのか、、


それは、
「幸せ」を自分自身で見えなくしてしまっているからです。

 

もう少しわかりやすく言うと、


真夏のクッソ暑い日に、長袖長ズボン、ダウンジャケットにアフラーとニット帽を被って、さらにマスクなどを自ら着ている状態です。


そして、自ら着たのにも関わらず「なんで私だけこんなに暑い思いをしなきゃいけないの!!」「なんであの人はあんなに涼しそうなの!?」「あ〜扇風機があればな〜」「エアコンさえ手に入れば〜」「どこにあるのー!?」っと言ってます笑


暑ければその服を
脱げばいいじゃないですか。

 

では、この服とは、
いったいなんなのか?

 

「私は〇〇な人間だ」という思い込み、固定観念です。

 

先ほど、
ぼくは飽き性で面倒くさがりで時間も守れなくて、、、みたいな事を言いましたが、まさにそれですねww


この「自分は〇〇な人間だ」という思い込みは、いったいどこから生まれたのでしょうか?

 

親や友達、周りの人間から「お前って〇〇な性格だよな〜」と言われたことはありませんか?


人は身近な人間の言葉ほど、影響を受けやすいものです。なので、その周りの人間から言われ続けてきたことを元に「私は〇〇な人間だ」というものを作り上げていきます。


そして、初めて会った人なんかに「私って〇〇な性格なんです〜」と、自己紹介をして、どんどんその思い込みを固めていきます。それが、自分が強く信じる己の姿(自分が自分であることの証明)となるわけなんですね。


でも、
これ全て幻想なんですよねw

 

あなたは何者でもありません。


何者にでもなれるとも言えますが…

 

あなたのことを見る人間が違えば、その数だけあなたがいることになります。10人いれば10人のあなたがいます。見ている世界がひとりひとり違いますから、その人たちの目に映るあなたの姿もひとりひとり違うのです。


子供から見たあなた、大人から見たあなた、お年寄りから見たあなた、これだけでもまったく違いますし、さらに性別や職業、国や時代が違えばそりゃもうカオスになるわけです笑


ゆえに、
あなたは何者にもなれるし、
何者でもないということになります。

 

そんな、条件によって変わってしまうものはすべて幻想です。ニセモノです。バッタモンです。パチモンです。フィクションです。


あなたが今まで信じて疑わなかった、その「私は〇〇な人間だ」というものも幻想なんです。


その幻想をひとつひとつ手放していくことで、徐々に本当の自分が見えてきます。(本当の自分すらもいないんですけどねw)


それが本来の自分であり、ありのままの自分です。ありのままは「在るまま」余計なものを何も身に付けていない、純度の高い自分です。そんな真っ裸の自分はカンペキなんです。だからそのままで「幸せ」なんです。


このことに気が付いたので、ぼくは何も持っていませんが、毎日刺激的で楽しく面白く、人生を生きることができています。


今まで「幸せになるために生きてきた」「何かを得られれば幸せになれる」と思っていたけれど、それが幻想であることに気付き、手放して、もうすでに幸せはイマココにあったんだと気付いた。


じゃあこれからはどう生きていけばいいんだろう?と考えたときに、「もうすでに幸せなのだから何もしなくていいんじゃないか?」と思ったこともありましたけど、これは違います。


「ありのままでいる」のと、
「そのままでいる」 は大きく違います。


ありのままで生きている赤ちゃんも、自分はそのままでいいとは思っていません。ハイハイをして、次は歩こうとします。言葉を話そうとします。赤ちゃんはありのままでありながら「やりたい!」と思ったことに対して、常に挑戦し続けているんですね。最高のチャレンジャーです。


だからぼくも「好きなことをして、好きなように生きていこう」という答えにたどり着きました。(もうすでに好きなこと好き勝手してるんですけどねww)


ぼくがこれからやっていこうと考えていることや、想いについては、長くなりそうなのでまた別のタイミングで書こうと思います。

 

ではでは、
今回も貴重なイノチを使って読んでくださり本当にありがとうございます(о´∀`о)♬

 


PS.

ぼくたちは
幸せになることはできない

なぜなら、
もうすでに幸せであるのだから

 

PS2.

結願まで残りあと3箇所

 

PS3.

いってきまーす!


.