結び物語

御縁を結び、御縁に生きる。

ぼくたちは幸せにはなれない

f:id:tsuyoshi1990:20170915225214j:plain

 

Facebookより過去記事を転載


人間はずーっと昔から「どうしたら幸せになれるのか?」を探求してきました。


お金持ちになったら幸せになれる。結婚したら幸せになれる。病気が治ったら幸せになれる。良い大学を卒業して、良い会社に就職できたら幸せになれる。友達がたくさんできれば幸せになれる。欲かったものを手に入れることができれば幸せになれる。戦争が無くなれば幸せになれる。やりたいことが見つかったら幸せになれる。やりたいことをしながら生きていけたら幸せになれる。おっぱい見れたら幸せになれる。

などなど、、


しかし不思議なことに、これらを叶えることができたとしても、その幸せは長続きすることはありません。また新たな「〇〇になれたら幸せになれる」「〇〇が手に入れば幸せになれる」「〇〇ができたら幸せになれる」が生まれるからです。これをずっと繰り返していくのです。


だからぼくたち人間は永遠に幸せにはなることはできないんです、、、というお話ではございません!!

 

( ・᷄ㅂ・᷅ )!?

 


 


今のぼくのことをハタから見たら、もしかすると「幸せとは程遠い状態」に見えるかもしれません。


仕事をしていないので収入はありません。貯金もありません。奨学金の返済が残ってて支払いが滞ってます。住む家もありません(実家はありますが)彼女もいません。良い大学を卒業しているわけでもありません。資格も持ってません。なにか特別なスキルがあるわけでもありません。


オマケに飽き性で面倒くさがりです。時間も守れません。人の名前も覚えられないくらい記憶力も悪いです。たくさん失敗したい!という変な価値観を持ったドMです。変態です。女性が大好きです(これは正常かw)太ももとおっぱいとおしりとうなじが好きです。横目でチラチラ見てますww


自分勝手に旅をしてます。特に目的があるわけでもなく、お遍路さんやってます。


こんな人間を見たら、誰でも「キミはアホなのか(˙-˙)?」と思うことでしょう。


でもぼくは今、毎日幸せを感じながら生きることができています。不安も特にありません。そしてこの「幸せ」も「幸せになりたい」と思ったから、なれたわけではありません。


日常の当たり前の中にある、有り難みに気付き感謝すること、、


たしかにこれもとても大切なことではあるのですが、半分正解といったところでしょうか。

 

なぜぼくたちは
幸せになることができないのか?

 

それは、


ぼくたちはすでに、
幸せであるからです。

 

( ・᷄ㅂ・᷅ )!?

 

「なにを言っているんだこのオタンコナス!」と思われたもしれないので、少し説明をしますね。

 


例えば、


人間であるぼくが、
「俺は人間になりたい!!」「俺は将来、絶対に人間になるんだー!!」と言ったとします。


さて、ぼくは人間になることができるでしょうか?


なれるわけないんですよね。もうすでに人間なんだから笑


ということです✧*。(*´∀`*)✧*。

 

いやいや、そんなこと言っても私は今不幸だよー!!と、不幸である理由を一生懸命かき集めてきて、不幸の証明書を1枚1枚丁寧にぼくに見せようとしているそこのあなたのために、もう少しだけ補足をしようと思います。

 

ぼくたちはすでに幸せである、と言いましたが、ではなぜ「幸せではない」と感じてしまうのか、、


それは、
「幸せ」を自分自身で見えなくしてしまっているからです。

 

もう少しわかりやすく言うと、


真夏のクッソ暑い日に、長袖長ズボン、ダウンジャケットにアフラーとニット帽を被って、さらにマスクなどを自ら着ている状態です。


そして、自ら着たのにも関わらず「なんで私だけこんなに暑い思いをしなきゃいけないの!!」「なんであの人はあんなに涼しそうなの!?」「あ〜扇風機があればな〜」「エアコンさえ手に入れば〜」「どこにあるのー!?」っと言ってます笑


暑ければその服を
脱げばいいじゃないですか。

 

では、この服とは、
いったいなんなのか?

 

「私は〇〇な人間だ」という思い込み、固定観念です。

 

先ほど、
ぼくは飽き性で面倒くさがりで時間も守れなくて、、、みたいな事を言いましたが、まさにそれですねww


この「自分は〇〇な人間だ」という思い込みは、いったいどこから生まれたのでしょうか?

 

親や友達、周りの人間から「お前って〇〇な性格だよな〜」と言われたことはありませんか?


人は身近な人間の言葉ほど、影響を受けやすいものです。なので、その周りの人間から言われ続けてきたことを元に「私は〇〇な人間だ」というものを作り上げていきます。


そして、初めて会った人なんかに「私って〇〇な性格なんです〜」と、自己紹介をして、どんどんその思い込みを固めていきます。それが、自分が強く信じる己の姿(自分が自分であることの証明)となるわけなんですね。


でも、
これ全て幻想なんですよねw

 

あなたは何者でもありません。


何者にでもなれるとも言えますが…

 

あなたのことを見る人間が違えば、その数だけあなたがいることになります。10人いれば10人のあなたがいます。見ている世界がひとりひとり違いますから、その人たちの目に映るあなたの姿もひとりひとり違うのです。


子供から見たあなた、大人から見たあなた、お年寄りから見たあなた、これだけでもまったく違いますし、さらに性別や職業、国や時代が違えばそりゃもうカオスになるわけです笑


ゆえに、
あなたは何者にもなれるし、
何者でもないということになります。

 

そんな、条件によって変わってしまうものはすべて幻想です。ニセモノです。バッタモンです。パチモンです。フィクションです。


あなたが今まで信じて疑わなかった、その「私は〇〇な人間だ」というものも幻想なんです。


その幻想をひとつひとつ手放していくことで、徐々に本当の自分が見えてきます。(本当の自分すらもいないんですけどねw)


それが本来の自分であり、ありのままの自分です。ありのままは「在るまま」余計なものを何も身に付けていない、純度の高い自分です。そんな真っ裸の自分はカンペキなんです。だからそのままで「幸せ」なんです。


このことに気が付いたので、ぼくは何も持っていませんが、毎日刺激的で楽しく面白く、人生を生きることができています。


今まで「幸せになるために生きてきた」「何かを得られれば幸せになれる」と思っていたけれど、それが幻想であることに気付き、手放して、もうすでに幸せはイマココにあったんだと気付いた。


じゃあこれからはどう生きていけばいいんだろう?と考えたときに、「もうすでに幸せなのだから何もしなくていいんじゃないか?」と思ったこともありましたけど、これは違います。


「ありのままでいる」のと、
「そのままでいる」 は大きく違います。


ありのままで生きている赤ちゃんも、自分はそのままでいいとは思っていません。ハイハイをして、次は歩こうとします。言葉を話そうとします。赤ちゃんはありのままでありながら「やりたい!」と思ったことに対して、常に挑戦し続けているんですね。最高のチャレンジャーです。


だからぼくも「好きなことをして、好きなように生きていこう」という答えにたどり着きました。(もうすでに好きなこと好き勝手してるんですけどねww)


ぼくがこれからやっていこうと考えていることや、想いについては、長くなりそうなのでまた別のタイミングで書こうと思います。

 

ではでは、
今回も貴重なイノチを使って読んでくださり本当にありがとうございます(о´∀`о)♬

 


PS.

ぼくたちは
幸せになることはできない

なぜなら、
もうすでに幸せであるのだから

 

PS2.

結願まで残りあと3箇所

 

PS3.

いってきまーす!


.

 

遍路は辛いよ

f:id:tsuyoshi1990:20170915223239j:plain

 

Facebookより過去記事を転載

 

いよいよ、愛媛県のお寺もあとひとつとなりました!

 

現在は第65番札所「三角寺」を目指して歩いているところです!

場所でいうと新居浜というところを歩いています。

 

愛媛県の方々も本当に優しい方々ばかりで、お接待をしてもらわなかった日はないくらい、たくさんのお接待をしていただきました。本当にありがとうございます(T ^ T)☆(1日最低3回はお接待していただいております(๑º ロ º๑)!!)

 

そんなすてきな愛溢れる愛媛県なんですが、ぼくはオール野宿でしたwwもうすでにお布団のあのフカフカの感触を忘れそうです…笑


さてさて、

今回はお遍路の良いところばかりではなく、大変な部分も少しだけお話していこうかなと思います。

 

まぁ大変とはいっても、それがあるからこそお遍路は楽しいし、学びになるんですけどね!お遍路をより美味しく味わうための調味料といったところでしょうかね(о´∀`о)♬

 

ちなみにぼくは「歩き偏路」「予算なし」「テント&寝袋なし」「大量の荷物」という、だいぶハードモードでお遍路を楽しんでおりますw

 


それでは、ひとつずつご紹介していきます!

 

 

1.「そもそも歩くの大変」

歩き遍路の1番の醍醐味ではありますが、やはり大変です。1日だいたい20〜30キロは歩いていて、夏場の今は炎天下の中を歩いているので、正直かなりシンドいです。何も考えたくなくなるので、思考は自然に止まり「無」になれますw

 


2.「山道がエグい」

ぼくたち歩き遍路をやっている人間は「偏路みち」と呼ばれる道を通って歩いていきます。(通らなくても全然OK!)車の通る道路を歩いていけば、山道でも緩やかに登っていくので、多少楽ではあるのですが、緩やかな分、距離が長くなります。なので、道のりは厳しいけれど、距離の短い山の中の遍路みちを通って基本的には登っていいくことになります。山の中はほぼ悪路です。踏み外したら1発でアウトな道もたくさんあります。ヘビやムカデ、ハチやクモも当たり前のようにたくさん出ます。鹿も猿もいます。熊も出ると言われる場所があったりします。日が暮れて、真っ暗闇の中、山を降ったことがあるのですが、そのときは半ベソかきましたww

 


3.「蚊」

今となってはもう慣れてしまったので、彼らがやって来てもぼくは気にしませんwただ、野宿で寝る時に彼らがやって来るともう眠れません。次の日は寝不足確定です。

 


4.「メマトイ」

メマトイという虫をご存知でしょうか?蚊よりもぼくはこのメマトイの方が圧倒的に嫌いです。メマトイとは小さなハエなのですが、彼らは顔の周りをプンプン飛び回り、目を狙って突っ込んできます。めちゃくちゃタチが悪いww名前の由来はそこなのでしょう。山の中を歩く時は必ず現れます。足場が悪い時などに彼らがいるともう大変です。メマトイを払うことに気を取られて、コケたことは何度もあります。対処法としては仏様や観音さまのように目を半分だけ開けて、薄目で歩くのがベストですww刺したりしてくるわけではないので、これだけでOK!

 


5.「雨」

基本的にぼくは雨に濡れることに対してあまり抵抗はないのですが、一応入れておきました。土砂降りになれば先へ進むことはできません。濡れれば身体や荷物は重くなります。乾かすのに時間もかかり、乾いたら乾いたで臭いです。

 


6.「お風呂に入れない」

お金に余裕がある人なら問題はないと思います。ただ、お風呂屋さんもそんなに多くはないので、歩き遍路をやるのであれば、数日間入れないことを覚悟しておいた方がいいと思います。ちなみにぼくは川で体を洗っていますwまさに禊ですねwwでも超絶気持ちいいです!!川で体を洗うのは本当にオススメします!!ただ、やっぱり湯船に浸かるのと浸からないのでは、次の日の体の調子がまっっっったく違います!!お風呂はめちゃくちゃ大事!!毎日お風呂は入りましょう!!精神も安定しますので。

 


7.「洗濯ができない」

これもお風呂同様、お金に余裕がある人なら問題ありません。ただやはりコインランドリーなどもそんなにたくさんあるわけではありませんので、そんなときは川へ行きましょうwww

 


8.「食べ物&飲み物」

これらはまず、コンビニやドラッグストア、スーパーや自販機などに頼るしかありません。そもそもこういったお店はあればラッキーなもんで、砂漠の中のオアシスそのものです。ホントに。添加物がどうとか、農薬がどうとか、もはや言ってられません。食わなきゃ死ぬだけですww山の中へ入る前は必ず食糧を買っておかないと、あとで腹ペコになって泣き喚くことになります。1度だけこの状態になりましたが、そのときは自生しているビワを食べまくって凌ぎました。ビワは僕の中では神様です。ビワの神様を祀る神社を建てたいくらいです。

 


9.「宗教」

歩いているといろんな人と出会います。宗教の信仰心があつい人は、勧誘してきたりもします。こっちの宗教は完璧で正しい、あっちの宗教は間違っていて正しくないと、熱弁してくる人もいます。(勝ちとか負けとか正しいとな正しくないとか、そんなことを言ってる時点でその宗教どうなのw)そして、地元の方たちはあまりお寺のお坊さんたちのことをよく思っていません。「何もしなくても金が入ってくるからいいよな」とか「別の場所にベンツを隠し持ってるんだ」とか「お寺のお坊さんみんな愛想悪いだろ?」とか「坊さんたちの年収知ってるか?」などと、話してくる人たちもいます。どうでもいいです。めっちゃ暑いので早く先へ行かせてくださいって感じです。お坊さんが高級車を乗り回してたっていいじゃん!何もしてなくなんかないよ!見えてないだけ!見えないようにやってるんだよー!お坊さんの年収が羨ましいなら、お坊さんになりなよー!それか、自分でがんばってお金稼いでお金持ちになれよー!お坊さんたちが愛想悪くなってしまったのは、あなた達が影でそういうことを言ってるからなんじゃないですかー!と、ぼくは思いました笑

 


10.「基本的には熟睡できない」

今はもう寝床を見つけるプロになりましたが、それでもやはり寝床を探すのは大変です。屋根と壁とベンチがあるという好条件が揃った場所はなかなかありません。なので、屋根がなかったり、屋根や壁はあるけどベンチがないから地べたで寝たり、屋根も壁もなんにもないアスファルトやコンクリートの上で寝たことも何度もあります。当然熟睡なんてできません。ここにプラス蚊がいるんですから、もうお手上げですw毎日ほぼ寝不足状態で、だいたいお昼頃にベンチなどで休憩しているとコックリコックリきて寝ますw睡眠もめちゃくちゃ大事なので、ちゃんと寝ましょうね!!

 

 

いかがでしたでしょうか。これはあくまで歩き遍路でやった場合の過酷さなので、電車や車で回っていただければ何も問題はありません。ただ、ちょっとスパイスが欲しいな〜って思った方は、3日とか1週間とか期間を決めて歩き遍路やってみることをオススメします(о´∀`о)♬面白い奇跡が待ってますよ〜☆

 


ということで、10個ほど大変なことを書きましたが、これらを全部ひっくるめて、お遍路はめちゃくちゃ楽しいです!!いや、これらの大変な要素があるからこそ、何倍も楽しくなるのだと思います。

人生も同じです。

 

壁や障害があればあるほど、それを乗り越えた時に見える景色や感動は大きくなります。感動が大きい人生を濃い人生、濃く生きるというのだと思います。

ぼくはもっともっと濃く生きたい!だから壁、障害、挫折、絶望ウェルカムです(≧∇≦)www

ドMかっ!って思われるかもしれませんが、イージーな人生ほどつまらないものはないとぼくは思います。

 

壁を乗り越えていったり、成長していく過程がなによりも嬉しんです!楽しいです!面白いんです!

人生は自分育成RPGです!!

どんなゲームよりも、どんな小説よりも自分の人生が1番面白い!!

そんな濃い生き方をみんなにもしてもらえたらなと思います(о´∀`о)♬

楽しんでいきましょー!!

 


ではでは、
今回も最後まで読んでくださって本当にありがとうございます(*´ω`*)☆

 

Enjooooooy!!!!!!!!!!!!!!!

 


PS.


お遍路を始めてから体重が6キロ落ちましたwww

 

PS2.

たぶんそのへんの女子より軽いと思いますww

人間、体重落とそうと思えばどこまでも落とせるんですね…笑

落とそうと思ってないですけどねwww

 

 

PS3.

歩き遍路ダイエットおすすめですwww

1ヶ月弱でマイナス6キロ!!笑

 

 

PS4.

今までFacebookでお遍路のことを書いてきましたが、楽しいことも苦しいことも、おそらく1/1000も伝わってないと思いますし、伝えきれてません。もはやすべてを伝えることは不可能だと思います。

それぐらい
お遍路は楽しいんです(*´ω`*)♬


文章力磨いて、少しでも魅力が伝がわるように努力していきたいと思います!!

お大師様からのメッセージ

f:id:tsuyoshi1990:20170908224048j:plain

 

Facebookより過去記事を転載

 

昨日の夕方、突然大雨が降ってきたので、ちょうどお参りをしていた第48札所「西林寺」の中にある休憩所で雨宿りをしていました。

 

雨はなかなか止まず、もう今日は歩くのやめよう!と思い、そこの休憩所で1泊することに決めました。

 

この日も1日中歩き続けたので、疲れてぼくはすぐに寝てしまいました。しばらくして夜中に目が覚めます。周りはもうすっかり闇に包まれていました。

 

ふと、バックパックにかけていた白衣(はくえ)に目を向けると、何やら黒い影があったので、ぼくはそれを蛾かなにかの虫だと思って払おうとしました。

 

しかし、なかなか払えなかったので、スマホのライトで照らしてみたところ、なんと!!セミの幼虫が今まさに羽化しようとしている瞬間だったんです(๑º ロ º๑)!!

 

ガンガン揺さぶってしまって、ごめんなさいごめんなさい(T ^ T)☆

 

と、思いながらも、
そんな瞬間を見るのは始めてだったので、夜中に1人で興奮してしまいました笑

 

小学生の頃に虫を観察しながら遊んでいた自分を思い出しますね〜(о´∀`о)笑

 


何年もの間、土の中で生活をしていて、ようやく出てきた場所が、まさかぼくの目の前!!

 

これって、
ものすごい御縁(๑º ロ º๑)!!

 

しかも、
よりにもよって白衣の上www

 

なので、
この子の名前は空海から名前をとって、空(くう)ちゃんと名付けましたwww

 

ぼくは空ちゃんの様子を一晩中、子を見守る親のような気持ちでずっと眺めていました笑

 

こういうときって、本当に「がんばれ〜!がんばれ〜(T ^ T)☆」って声をかけたくなるものなんですね笑

 

一生懸命、自分の殻を破って出てきて、テクテクと上の方を目指して歩く空ちゃんは、最終的にぼくの相棒である、剛杖さん(金剛杖になる前の段階の杖のことww)のところで落ち着き、しばらくじっとして動かなくなってしまいました。

 

一安心したのか、ぼくも再び眠くなってしまい、そのまま眠ってしまいました。


朝、目が覚めると、そこに空ちゃんの姿はありませんでした。

 

残ったのは土のついた抜け殻だけ。

 

なんだかちょっぴり切ない気持ちになりましたが、我が子が元気に大空へと飛びっていったことを想うと、とてもあたたかい気持ちになりました。

 


空ちゃんいってらっしゃい!!

 

ぼくのところへやってきて、イノチの美しさを教えてくれて本当にありがとう!!

 

この広い空の下、どこかで空ちゃんが、元気に大きな声で鳴いている姿を思い浮かべながら、ぼくは今日も楽しんで歩いていきます。

 

空ちゃんありがとう。

 

お父さんもいってくるね!w

 


という、

感動的な朝でしたwww

 


それでは今日も
いってきまーす(о´∀`о)♬

 

お遍路を始めて1ヶ月

f:id:tsuyoshi1990:20170908223233j:plain

 

Facebookより過去記事を転載

 

7月13日でお遍路を始めて1ヶ月が経ちました。1日1日がとても濃密で、もう何ヶ月間も四国にいるような感覚です。


お寺も第44番札所「大宝寺」を通過し、残り半分となりました。後半のお寺は場所がまとまっているので、少しは廻りやすくなるのかな…?


残りの道も1歩1歩しっかり踏みしめながら、歩いていきます!!


愛媛に入ってからも、たくさんの愛あるお接待をしていただいております。愛媛の方たちもとても優しい方たちばかりで、もう本当に嬉しい限りです(T ^ T)☆


朝6時頃、住宅街を歩いていると、「ちょっとお兄ちゃん!朝ごはんは食べたの?トースト焼いてあげるからおいで!」と、おばあちゃんに声をかけられ、お家に招いていただき、美味しいトーストとコーヒーをご馳走になったり、、


道の駅で休憩をしていると、冷たい飲み物と一緒にこれから先の道中で、無料で泊まれる宿や、野宿に最適な場所などを地図に書いて渡してくださったり、、


昼間の1番暑い時間帯に歩いていると、車がぼくの横で停まり、キンキンに凍ったジュースや、美味しい桃をギフトしていただいたり、原付に乗ったおばあちゃんにめっちゃ小銭をいただいたり、、


他にも、たくさんの愛あるお接待をしていただいてきました。本当に本当にありがとうございます(T ^ T)☆


そして、ぼくが41番札所「龍光寺」でのお参りが終わったあと、龍光寺の手前にあるお店「長命水」さんの中で、お水を一杯いただいていると、なんとそこへ、今年の5月末に出会った福林奏さんという、ぼくに茶道の世界を教えてくださった女性が会いにきてくださったんです(๑º ロ º๑)!!(めっちゃ美人です!!)


奏さんは秋から愛媛に移り住むそうで、その手続きのために愛媛に来ていて、時間を割いてぼくに会いに来てくださったそうです(T ^ T)☆なんて有り難いことでしょう…


そして奏さんはお得意のお茶をなんと!長命水さんの超絶エネルギーの高い有り難いお水を使って、立てていただきました。しかも、長命水さんのお母さんとお父さんとお友達と奏さんのお友達みんな巻き込んでお茶をいただくことに…笑


長命水さんのめっちゃくちゃ美味しいうどんもお接待でいただき、幸せ極まりない時間を過ごさせていただきました。本当にありがとうございます(T ^ T)☆


奇跡でしかないタイミングと場と御縁にただただ鳥肌が止まりませんでした、、、

(長命水さんのお父さんとお母さんもすごい人でしたし…笑)


そんな毎日がミラクルで神がかりなお遍路も残すところあと44箇所。きっと、あっという間に終わってしまうんだと思う、、、


これから先も、まだまだミラクルは待っていて、きっとぼくを何度も驚かしてくれだろう。


本当に毎日、四国のことが大好きになっていく。ありがとうが溢れてくる。


明日はどんな1日になるかな〜(*´ω`*)♬

それでは、すてきな夢を☆

おやすみなさーい(о´∀`о)♬

 


PS.

四国の夜の星空はめちゃくちゃハンパない。満点の星空とはまさにこのこと。そんな満天の星空を見ながら寝れる野宿は最幸の贅沢だ。

 

PS2.

楽しいことしか書いてないから、たまには苦しいリアルも書いていこうかなと思っている…笑

(書くかどうかは未定w)

 

PS3.

日光湿疹?というやつなのかな?日に焼けすぎて、腕にボツボツができまくってて気持ち悪いよぉ…(-_-;)

 

PS4.

ついに!!スニーカーの両かかとに穴が空きましたー!!笑笑

 

PS5.

今日、山の中の綺麗な川があったので、写真を撮ろうとしたら、ツルッと滑って川へ落ちました笑笑

下半身びしょ濡れのまま歩いてたけど、2時間くらいで乾きました!!

で、川の写真は綺麗に撮れなかったのでお蔵入りです笑笑

 

PS6.

おっぱい!!



修行の道場は喜びと愛の道場へ

f:id:tsuyoshi1990:20170908222723j:plain

 

Facebookより過去記事を転載

 

高知県のお寺も残すところ、
あと39番札所の「延光寺」ひとつとなりました。

 

高知県へ入ったときのぼくの心と体はボロボロでした。しかし、たくさんの愛あるステキな方達との御縁のおかげで、今、ぼくの心と体は喜びと愛で満たされています。

 

本当に感謝しかありません。

ありがとうございます。

 


ここまで数々のお接待をしていただきました。もう本当に数え切れないほどに…。

 

ジュースを渡してくれた方、食べ物を渡してくれた方、道を丁寧に教えてくれた方、車に乗せていただき送ってくれた方、お家に泊めてくれた方、お金を渡してくれた方、御縁を繋いでくれた方、美味しいご飯屋さんを紹介してくれた方、温泉へ連れて行ってくれた方、民宿を予約していただいて、さらにその宿代まで払ってくれた方、笑顔で「今日も暑いね!がんばってね!」と声をかけてくれた方、、、

 

みんな自分にできることを、自分にできる範囲で、愛を込めてお接待してくれていました。

 

"今この瞬間"自分にできる精一杯のお接待(ギフト)は何かを考え、それを即実行する。しかもそれが1人や2人とかの話ではなく、県レベルでひとりひとりの魂に染み込んでおり、文化となっています。四国に来てからは本当に毎日驚かされています。

 

しかし、これはなにも特別なことではないとぼくは思います。

 

どこにいようが、どんな人だろうが"今すぐできること"ですよね。今これを読んでいるあなたも今この瞬間からできます。

 

今、目の前にいる人に親切にしてあげる。困っている人がいたら寄り添ってあげる。助けてあげる。

目の前にいる人でいいんです。

 

今日まで本当にいろんな方達に助けていただきました。お接待してくださった方々のことや、ステキなお店やステキなお仕事をされている方達のことをひとりひとり書いていきたいところではありますが、本1冊ぐらいはできてしまうと思いますので、直接ぼくと話しをする機会があれば、その時にでもお話させていただこうと思います。

 


今日で高知は最後になりますが、ぼくにとっては修行の道場ではなく、喜びと愛の道場となりました。それもこれも本当に本当にみなさんのお陰様です。頭が上がりません。魂から感謝しております。

 

そして次は愛媛県、菩提の道場に入りますが、愛媛県のみなさんどうぞ宜しくお願い致します!!

あともう半分でお遍路が終わってしまうのかと思うと、なんだか寂しい気持ちになりますね。1歩1歩しっかり踏みしめて、今まで以上にもっともっと全身で味わい感じていこうと思います!!

 

それでは、
いってきます(о´∀`о)♬